2014年4月8日更新

[TOP] [2017年] [2016年] [2015年] [2014年] [2013年] [2012年] [2011年] [桜.jp]

2014年、東京の靖国神社の標本木が3月25日に開花し、30日に満開になりました。千鳥ヶ淵緑道のライトアップは3月28日(金)から4月6日(日)の日没(18:30分頃)から22時まで実施されました。

▼靖国神社の桜(標本木)がほぼ散りました(2014年4月8日撮影)
2014年3月30日に満開になった靖国神社の桜(標本木)は、ほぼ散り一分程度残っています。 4月8日12時30分頃に標本木を撮影してきました。写真をクリックすると拡大写真が見れます。

靖国神社の標本木

靖国神社の標本木

靖国神社の神門

境内での宴会禁止

▼靖国神社・千鳥ヶ淵の桜が散り始めました(2014年4月4日撮影)
2014年3月30日に満開になった靖国神社の桜(標本木)は、4月3日の東京はあいにくの雨と風で散り始めました。 4月4日の12時頃に標本木と千鳥ヶ淵を撮影してきました。かなり散り始めていて、木によっては緑の若葉が出始めていますが、今日明日はお花見を十分に楽しめる状況です。 写真をクリックすると拡大写真が見れます。

靖国神社の標本木

靖国神社の標本木

靖国神社の神門

靖国神社の境内

千鳥ヶ淵の靖国通り付近

千鳥ヶ淵のボート場付近

千鳥ヶ淵のボート場付近

遊歩道 散り始め

▼今日の東京はお花見日和、北の丸公園周辺(2014年4月1日撮影)
4月1日の東京は、晴れ最高気温18℃でまさにお花見日和(条件は桜が見頃・天気が晴れ・風が穏やか・気温が15℃以上)で、ポカポカ陽気で外でのんびりしたくなるような日でした。 12時30分頃に北の丸公園から代官町通りの辺りを撮影してきました。写真をクリックすると拡大写真が見れます。

北の丸公園入り口

田安門前の桜

左側が牛ヶ淵

右側が千鳥ヶ淵

田安門

北の丸公園内

公園の正面入口

紅枝垂桜

国立近代美術館工芸館

代官町通り山桜

代官町通から千鳥ヶ淵

清水門から武道館

▼東京が満開、靖国神社・千鳥ヶ淵(2014年3月31日撮影)
30日に満開になった靖国神社の桜(標本木)は、翌31日には見頃となりました。 昨日とうって変わって東京は快晴になり、靖国神社の境内ではお花見客が大勢いました。 写真の上段は12時30分頃の靖国神社の様子です。 千鳥ヶ淵緑道は、ライトアップが行われ、お花見の人たちでごった返していました。ボートも夜間営業していました。 写真の下段は19時30分頃の千鳥ヶ淵の様子です。 写真をクリックすると拡大写真が見れます。

靖国神社の標本木

靖国神社の標本木

靖国神社の神門

靖国神社の境内

千鳥ヶ淵の靖国通り付近

千鳥ヶ淵のボート場付近

千鳥ヶ淵のボート場付近

遊歩道のライトアップ

▼東京が満開、靖国神社・千鳥ヶ淵(2014年3月30日撮影)
2014年3月25日に開花した靖国神社の桜(標本木)は、30日に満開になりました。 30日の東京は、あいにくの雨と強風で、千鳥ヶ淵のライトアップとボートの営業が中止になりました。 写真をクリックすると拡大写真が見れます。

靖国神社の標本木

靖国神社の標本木

靖国神社の神門

靖国神社の境内

千鳥ヶ淵の靖国通り付近

千鳥ヶ淵のボート場付近

千鳥ヶ淵のボート場付近

千鳥ヶ淵の遊歩道 満開

▼開花から3日後の靖国神社・千鳥ヶ淵(2014年3月28日撮影)
2014年3月25日に開花した靖国神社の桜(標本木)は、28日には一分咲きになっていました。 見頃は来週の中盤になりそうです。千鳥ヶ淵の桜は、靖国神社の桜の1日遅れ程度の成長です。 写真をクリックすると拡大写真が見れます。

靖国神社の標本木

靖国神社の標本木

靖国神社の神門

靖国神社の境内

千鳥ヶ淵の靖国通り付近

千鳥ヶ淵のボート場付近

千鳥ヶ淵のボート場付近

千鳥ヶ淵の遊歩道1分咲

▼東京の靖国神社の桜が開花(2014年3月25日撮影)
2014年3月25日14時35分頃に気象庁が東京の靖国神社の桜(標本木)が開花したことを宣言しました。 写真をクリックすると拡大写真が見れます。

靖国神社の標本木

開花宣言を待つ報道陣

TBS古谷有美アナ中継

開花した標本木

▼以下は2013年の情報です。


靖国神社の東京管区気象台が指定した標本木ソメイヨシノが2013年3月16日に開花し3月22日に満開になりました。 3月23日に靖国神社・千鳥ヶ淵の桜を撮影しました。 写真は昨年4月7日と同じアングルになるような場所で撮影しました。 写真をクリックすると拡大されます。

東京千代田区の桜スポットには、東京の開花を判定する標本木がある 靖国神社をはじめ、千鳥ヶ淵緑道、北の丸公園、千鳥ヶ淵公園などがあります。 毎年3月下旬〜4月上旬にかけて、千鳥ヶ淵緑道では見事な桜のトンネルを作ります。 各スポットは徒歩圏内なので歩いてまわることができます。 最寄り駅は、地下鉄の九段下駅、JRの飯田橋駅・市谷駅になります。

このページで紹介するお花見コースを全て歩くと約2時間かかります。 お花見コースの地図は ここをクリックしてください。 地図の番号は紹介するスポットの番号と一致しています。

コースは、 @九段下駅 の4番出口から出て、 A昭和館 から牛ヶ淵の桜を見て、靖国通りを少し歩き、 B田安門 から C北の丸公園 に入り、園内を散策した後に、千鳥ヶ淵の土手沿いの D散歩道 から桜を見てから正面入口の E紅枝垂桜 を観賞し、 F国立近代美術館工芸館 を経由して、 G代官町通り 沿いの H土手から千鳥ヶ淵の桜 を首都高速道路越しに遠目に見ます。 代官町通りが終わると千鳥ヶ淵の交差点に出ますので、そこで I半蔵濠 の桜を見ます。

時間がないときには半蔵濠を見たら直ぐに L千鳥ヶ淵緑道 に入るコースがありますが、時間に余裕があるときには半蔵濠の側道( J千鳥ヶ淵公園 )を半蔵門の交差点まで歩き、そこから K英国大使館 の前の通り(内堀通り)を歩いて千鳥ヶ淵(墓苑入口)の交差点まで戻って来るコースがお勧めです。

L千鳥ヶ淵緑道 はこのコースのメインになります。 緑道から見る千鳥ヶ淵の200本以上の桜は見事ですので、ここは十分に時間をかけることをお勧めします。 緑道が終わると靖国通りに出ますので右に行くと田安門の前に戻ることができます。 M歩道橋 を渡ると N靖国神社 に入ることができます。

2013年の千鳥ケ淵緑道の夜桜ライトアップは、3月22日(金)〜4月7日(日)に実施されます。 点灯時間は午後6時30分頃〜午後10時までになります。 桜の状況により終了日(4月7日)が変更になる場合があります。


@ 九段下駅からお花見スタート
九段下駅の4番出口から出て、お花見をスタートします。

駅構内

九段下交差点

4番出口

昭和館

A 昭和館から「牛ヶ淵」の桜
昭和館は戦中・戦後の国民生活上の労苦についての後世代の人々に知る機会を提供する施設です。 20人くらい座れるベンチが用意されていますので、お弁当を食べながらお堀(牛ヶ淵)の桜を見ることができます。 写真は2013年3月23日に撮影。満開です。

昭和館のベンチ

牛ヶ淵

牛ヶ淵

牛ヶ淵と日本武道館

B 田安門
九段下駅4番出口より徒歩5分です。 田安門は寛永13年(1636)に建てられたと言われています。 現在は田安門から北の丸公園へ常時出入りができます。 田安門に向かって左側が牛ヶ淵、右側が千鳥ヶ淵になります。 写真は2013年3月23日に撮影。満開です。

田安門前の桜

左側が牛ヶ淵

右側が千鳥ヶ淵

田安門

C 北の丸公園
北の丸公園は、昭和30年代後半に旧近衛連隊等の多くの建物を撒去し、森林公園として造成されたものです。 都心でも有数のお花見の名所で春になると池や芝生の美しい緑あふれる園内に桜が見事に咲き誇ります。 公園の芝生の上にシートを敷き、宴会をしているグループがいました。 写真は2013年3月23日に撮影。満開です。

北の丸公園

日本武道館

公園内の芝生と桜

公園内の芝生と桜

D 北の丸公園から見る「千鳥ヶ淵」
北の丸公園に入ると日本武道館の前に駐車場があります。 その駐車場の裏側辺りに千鳥ヶ淵側の土手沿いの散歩道があります。 散歩道にはベンチが10台くらい置いてあり休憩ができます。 千鳥ヶ淵を上から見下す形で桜を見ることになり、お濠の水面に向かって咲き誇る桜の枝ぶりに目を見張ります。 写真は2013年3月23日に撮影。満開です。

散歩道

散歩道から見る桜

千鳥ヶ淵

首都高速道路を望む

E 北の丸公園の入口(北桔橋門付近)
北の丸公園の正面入口に出ると竹橋方面に紅枝垂桜が5本あります。 東京のお花見スポットは枝垂桜よりソメイヨシノが多くなりますが、ここの紅枝垂桜は都内で見ることができる素晴らしい1本です。 また正面入口から北桔橋門を見ることができその付近の桜も色とりどりで綺麗です。 写真は2013年3月23日に撮影。満開です。

紅枝垂桜

紅枝垂桜

紅枝垂桜

北桔橋門

F 国立近代美術館工芸館
東京国立近代美術館は北の丸公園内にあり、明治時代後半から現代までの近現代美術作品(絵画・彫刻・水彩画・素描・版画・写真など)を9000点以上収蔵しています。 工芸館は大日本帝国陸軍の近衛師団司令部庁舎であった近代建築を改修・使用しており重要文化財に指定されています。 写真は2013年3月23日に撮影。

工芸館方面の道

北白川宮能久親王銅像

国立近代美術館工芸館

国立近代美術館工芸館

G 代官町通り
北の丸公園の前から内堀通りの千鳥ヶ淵交差点に向かう通りを代官町通りといいます。 通り沿いにはソメイヨシノの他に山桜や里桜が多数あり、ソメイヨシノとは別の趣きがあります。 またこの時期は、通り沿いの土手に多数の野生の草花が咲いています。 写真は2013年3月23日に撮影。ソメイヨシノ・山桜とも満開です。

代官町通り

山桜

通り沿いの歩道

観光バス

H 代官町通り沿いの土手から見る「千鳥ヶ淵」
代官町通りのお濠側の土手を上がると千鳥ヶ淵の桜を首都高速道路越しに遠目に見ることができます。 写真は2013年3月23日に撮影。満開です。

ソメイヨシノ満開

高速道路と千鳥ヶ淵

高速道路と千鳥ヶ淵

高速道路と千鳥ヶ淵

I 半蔵濠
代官町通りが終わると千鳥ヶ淵の交差点に出ますので、交差点の東側が半蔵濠です。 桜と菜の花の両方が楽しめます。 この地点からは国会議事堂と東京タワーも見ることができ、写真を撮る人にとっての定番スポットになっています。 この時期は写真を撮るための順番待ちの行列ができます。 写真は2013年3月23日に撮影。満開です。

桜と菜の花

半蔵濠の側道

国会議事堂

半蔵門

J 千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園は、内堀通りと皇居の半蔵濠に面し、半蔵門から千鳥ヶ淵交差点までの間が公園となっています。 千鳥ヶ淵公園の桜はソメイヨシノ以外にも山桜や紅枝垂桜があります。 写真は2013年3月23日に撮影。 ソメイヨシノは満開ですが紅枝垂桜は開花したばかりでした。 満開になり昼から宴会をしているグループが何組か居ました。 夜の宴会のためにブルーシートが敷かれていました。

ソメイヨシノ

ソメイヨシノ

公園オブジェ

自由の群像

K 英国大使館
駐日英国大使館は1872年以来ずっと現在の場所に位置しています。 大使館前に英国公使アーネスト・サトウがここに桜を植えて東京市に寄贈しました。 今でも大使館前の通りは桜並木になっています。 半蔵門交差点から千鳥ヶ淵交差点に戻るときにはこの桜並木を歩きます。 写真は2013年3月23日に撮影。満開です。

半蔵門よりの桜

大使館前の桜並木

英国大使館

大使館前の桜並木

L 千鳥ヶ淵緑道から見る「千鳥ヶ淵」
千鳥ヶ淵緑道は皇居のお堀(千鳥ヶ淵)沿いに約700m続く遊歩道になっています。 例年この時期は「千代田区のさくら祭り」が開催され、千鳥ヶ淵の桜並木のライトアップが行われて夜桜が楽しめます。 千鳥ヶ淵緑道の整備に併せて千鳥ヶ淵ボート場も改築工事を行い平成21年3月に竣工しました。 この時期はボート待ちの行列ができます。ボートから見る桜は圧巻です。 写真は2013年3月23日に撮影。満開です。

千鳥ヶ淵緑道

再生キャンペーン

ライトと山桜

ライトとソメイヨシノ


ボート待ちの長い列

遊歩道の桜

遊歩道の桜

新聞社の取材


ボート場付近

ボート場付近

ボート場付近

ボート場付近


桜と紫花菜

靖国通り付近

靖国通り付近

インド大使館

M 田安門前歩道橋
緑道が終わると靖国通りに出ますので右に行くと田安門の前に戻ることができます。 そこには田安門前歩道橋があります。歩道橋からも桜を楽しむことができます。 写真は2013年3月23日に撮影。満開です。

靖国通りから

田安門前歩道橋を望む

歩道橋の上から

品川弥治郎銅像

N 靖国神社
靖国神社は、明治2年6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年に靖国神社と改称されて今日に至っています。

神門

拝殿

拝殿

境内

気象庁は境内にあるソメイヨシノを、東京都で桜の開花日を決定する標準木として指定しています。 そのため東京都の桜の開花宣言はこの標準木が咲いた時に行われています。 写真は2013年3月23日に撮影したものです。満開です。

標準木について

標準木(能楽堂)

標準木

提灯


千代田のさくらまつり

凄い人出です

露店

参道

写真は2013年3月23日に撮影したものです。 昼間から多くの人達が花見の宴を行っていました。

宴会風景

宴会風景

宴会風景

宴会風景

◆過去の履歴
2013年3月23日版 :2013年の満開は3月22日、満開になった翌日3/23の千鳥ヶ淵、靖国神社を撮影。
2013年3月20日版 :2013年の開花は3月16日、3分咲きになった3/20の千鳥ヶ淵、靖国神社を撮影。
2012年4月07日版 :2012年の満開は4月6日、満開になった翌日4/7の千鳥ヶ淵、靖国神社を撮影。
2012年4月01日版 :2012年の開花は3月31日、開花した翌日4/1の千鳥ヶ淵、靖国神社を撮影。
2011年4月11日版 :2011年の開花は3月28日、満開は4月6日になりました。

本サイトはリンクフリーです。リンクするときは <a href="http://xn--xyv.tokyo.jp/">桜.tokyo.jp</a> でリンクしてください。

©2011-2017 桜.tokyo.jp プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ